link

リーガルデザイン実例集

post_Book

高齢者が飼っているペットの将来の安心・安全のための後見サービスを実現した事例【新規事業開発】

 

課題の内容

我が国の高齢者の多くが犬、猫などのペットを飼っています。こうした高齢者の方の一番の悩みは、自分たちが病気や怪我をしたときに、ペットたちをどうやって養っていくかということです。自分で飼えなくなった途端に、ペットが保健所に連れていかれて殺処分にされたり、行方知れずになったりするというのはとても不憫でとても受けいれることができません。ところがわが国には、こうしたペットたちの将来の安心・安全を実現する確立したサービスは存在しませんでした。

 

リーガルデザイン

私たちは、ペットのための後見人サービスについて議論し、商品化することができました。それは、新しい飼い主やペット業者と法律家と信託銀行が協力してできたサービスです。具体的には、ペットの将来にかかる費用を予め信託財産として確保した上で、法律家がペットの将来の生活設計をし、実際のペットのお世話は決められた計画内で新しい飼い主やペット業者が行うという仕組みです。今の買主が用意することのできる予算内で最大の安心・安全・幸福をペットに提供することができるというのがこのサービスの特徴です。

 

お役に立てたこと

ペット業者はペットのお世話はできるけれども、資金や法律面の制度設計が苦手で、信託銀行は財産をしっかり預ることができても、実際のペットのお世話や業務管理などは手掛けられないという事情がありました。そこで全体の制度設計やマネジメントを法律家が行うことで、「ペットの後見人」という新しい事業、サービスが実現することができました。「このサービスのおかげで不安なく余生を過ごせるわ」というおばあちゃんの笑顔は私たちへの最高の贈り物でした。

 

post_pen

医療法人をめぐる事業承継上の課題の解決に関するセミナーを法律、税務、行政のコラボレーションで実現した事例【新規事業開発】

 

課題の内容

病院や診療所を経営する医療法人では、法令上の制限により出資者の持分の価値が年々高騰する傾向にあり、理事長ら出資者が亡くなると現実には何らキャッシュは得られないにもかかわらず、多額の相続税が課税されるという課題がありました。この課題は税務処理と法律手続の両方が複雑に絡むため、解決が難しく社会問題化していました。厚生労働省は課題解決のための新しい制度を導入しましたが、なかなか普及しませんでした。

 

リーガルデザイン

私たちは、この医療法人の事業承継の課題を解決し、解決方法を周知するには、弁護士、税理士、行政のコラボレーションによる解決方法の周知、広報がもっともふさわしいと考えました。そこで、コンサルティング会社と連携し、まずは、弁護士と税理士が共同講師として掛け合いで課題の解決方法をレクチャーする新しいタイプのセミナーを開催しました。その後、厚生労働省も参画する形で3者が共同講師を務める最も効果的なセミナーを開催し、多くの医療法人関係者に参加していただきました。

 

お役に立てたこと

法律家のセミナーは主催者の思惑や法律家のプライドなどが障害となり、一人の専門家による講演という形がほとんどでした。しかし、それでは課題は解決できず、結局、課題を抱えた方は専門家たちの間を右往左往するだけで課題の解決に至らないことがよく見られました。私たちは、「参加者や社会が真に求めている価値は何か」を突き詰めることで、この新しいタイプのプロジェクトを立案実行することができ、結果として、専門家の縄張り意識やプライドを超えた新しい価値を社会に提供できたのではないかと思っています。

今では、このネットワークが発展し、専門家相互の意見情報交換から顧客紹介まで業務提携が進展しています。

 

post_sign

デザイナーとメーカーを繋ぐデザインサポート事業を地方公共団体とのコラボレーションで実現した事例【新規事業開発】

 

課題の内容

我が国において工業デザインの社会的立場や評価は欧米と比べて低く、モノづくりの現場においても、デザインは無償サービスが当たり前という悪しき慣例が広がっていました。そのため、独立系のデザイナーやデザイン会社が育ちにくい環境にありました。またメーカー企業側の懸念として、仮に良いデザインと巡り合っても、知的財産権が保全されているか、他社の知的財産権を侵害していないかが分からない状況ではそのデザインに価値を認めづらいという事情もあり、外部からのデザインの登用に慎重でした。

さらに、弁護士、弁理士ら知的財産権に関わる法律専門家は特許出願等の手続のみに関心があり、デザイナーやメーカー側のニーズや事情には無関心であったこともわが国でデザインが評価されにくい原因の一つでもありました。

 

リーガルデザイン

私たちは、デザイナーの置かれた環境やメーカー側の懸念を念頭に、リーガルがその両者を結び付けることで新しいソーシャルビジネスを創出することができるのではないかと考えました。さらに、関西の地方公共団体とコラボレーションすることで行政の知恵や信用の支援を得ることにも成功しました。

1年半という期間限定のプロジェクトでしたが、リーガルデザイナーの立案したデザインサポートプロジェクトは、「ヘルスケア」などのテーマに沿ったデザインを公募し、有名デザイナーらによる審査を経て合格作品には意匠権、特許権等の知的財産権を付与し、メーカーとのマッチングを行うというわが国初のビジネスモデルを創出し、関係機関から高い評価を受けることができました。

 

お役に立てたこと

デザイナーとリーガルと企業を一つの線で結ぶという、ありそうでなかった事業を実現することができたことは社会に一つの可能性を提示することができたと自負しています。

このプロジェクトを通じて、多くのデザイナー、リーガル、企業関係者が出会い、言葉を交わし、関係性を持つことができたことも小さなことですが、大きな財産だと思っています。

このプロジェクトがデザインの社会的評価を少しでも高めることができたのであれば、私たちもとてもうれしく思います。

 

post_Book

父親、母親を相次いで亡くした少女に寄り添い、ともに汗を流すことで、少女の笑顔を取り戻した事例【FSS】

 

課題の内容

半年の間に父親、母親を病気で相次いで亡くした少女Dがおりました。兄弟はなく、Dは15歳にして独り立ちを余儀なくされました。両親は少女に自宅マンションと数年の学費生活費を賄うだけの生命保険金を遺しましたが、両親の死は少女から笑顔を奪ってしまいました。Dの自宅は、母親の葬式後、誰も訪れたことがありませんでした。

 

リーガルデザイン

私たちは、Dを支援する無報酬の専門家チームを組織し、裁判所に後見人の選任の申立を行い、少女の生活や財産のサポートをする仕組みを作るとともに、両親の相続手続も速やかに行いました。

それ以上に、私たちが少女の課題として認識したのは、少女の笑顔を取り戻すことでした。

私たちは、Dに「一緒に部屋の片づけをしようか。」と持ち掛け、有志の仲間たち数名で大量の掃除道具を持参して少女の自宅を訪れました。そして、1日かけて、居室から台所、トイレ、お風呂まで家中をくまなく掃除し、夕暮れ時に、みんなで回転寿司屋で打ち上げを行いました。

 

お役に立てたこと

初めは口数が少なく、表情も硬かったDも、私たちと一緒に掃除をはじめて、お父さん、お母さんの思い出話を語りあい、汗を流し始めてから、少しずつ表情が和らぎました。打ち上げの食事を一緒にいただくころには、少し笑みがこぼれるまでになりました。

あれから数年が経ち、Dは今ではとても明るくしっかりした大学生となり、奨学金を得ながら、両親の生前の職業を目指して日夜勉強に励んでいます。

 

post_pen

高齢で身寄りのない経営者の突然死により生じた会社経営の混乱を瞬時に収束するとともに、30億円の遺産相続手続を10ヶ月で一体処理した事例【FSS】

 

課題の内容

2つの会社を経営する身寄りのない高齢の経営者Ⅾが突然亡くなりました。2つの会社はⅮのワンマン経営だったため、トップを亡くしたことで経営管理も事業運営もすぐに行き詰まりました。またⅮは多くの不動産や金融商品など多種多様な財産を有し、借入金も存在したため、資産や債務の管理、処分も急がなくてはなりませんでしたが、そもそもⅮの相続人が誰であるかすら正確には分かりませんでした。

 

リーガルデザイン

私たちは、数多くの利害関係人がいて、互いに関連する法律関係、財産関係が多数存在するこの案件においてもっとも大切なことは、外部の批判に耐えうる公正で透明性のある処理を行うことと、責任の所在の一元化にあると考えました。またⅮと相続人間の交流がほとんどなかったことから、Ⅾの生き方や価値観を相続人にしっかり報告し承継してもらうことも大切な仕事と考えました。

そこで、経験豊富な1人のリーガルデザイナーを責任者に据えつつ、会社経営、事業譲渡、不動産、その他の資産債務、訴訟処理それぞれを専門家から成るチームで分担することで10カ月という相続税申告期限内にほぼすべての整理、換価を終え、相続人に相続財産を引き渡すことができました。またⅮの生前の生活を相続人に報告することで、相続人にはとても感謝されました。

 

お役に立てたこと

先行きに不安のある企業の価値は日々下落すると言われる中で、突然代表者を失った2つの企業を迅速な事業譲渡により多額の対価を取得して早期売却できました。また多くの不動産や金融資産、負債、訴訟の処理なども、複数の弁護士や公認会計士、税理士、司法書士らをリーガルデザイナーが指揮し全体を管理することで、時間の短縮と費用の抑制を実現することができました。またⅮのことをほとんど知らない相続人にⅮの生前のご様子を伝えることで、絆を承継できたと思います。その結果、相続人の他、関係者全員に満足してもらえました。

 

post_sign

起業して間もない不動産業者との総合リーガルサポート契約の締結により各種トラブルを解決し、コンプライアンスを確立させた事例【GSS】

 

課題の内容

不動産業者Cは、起業時から税務、労務、登録登記手続、知的財産権の知識がなく、法律家の支援を必要としていました。ところがC社は顧問税理士、顧問社労士、顧問弁護士をそれぞれ置くほどまでに資金的な余裕はありませんでした。また社長は本業に忙しく、その他の社員も専門知識がなく自分たちで全ての手続きを行うのは困難であり、また自信がないという事情もありました。

 

リーガルデザイン

私たちは、月々数万円の総合リーガルサポート契約により、税務、雇用、登記・登録手続、知的財産権、法律トラブル対応の全ての支援を行うサービスを提案、提供することでC社の課題を解決しました。C社の必要な支援を提供できただけでなく、税務・労務などの手続きを一元受注、管理することで、隙間がなく、スピーディなサポートを実現することができました。

 

お役に立てたこと

会社設立・事業開発のステージでは、特にスタートアップ時が最も事業者の不安やストレスが多いといいます。そのスタートアップ時に効果的なサポートをリーズナブルに提供するというのが事業家から一番求められる事業支援ではないかというのが私たちの考えです。

C社はその後順調に発展し、事業も軌道に乗ることができました。

 

post_Book

補助金の不正受給疑惑を、第三者委員会を活用して早期に実態解明を進めるとともに、監督官庁との交渉でペナルティなしに収束させた事例【GSS】

 

課題の内容

上場を目指し、グループ数社の協働でヘルスケア関連事業を行うB社がありました。B社は新たに会社を設立し新規事業を行うに際して国から補助金を受給した後に、受給の要件を満たしていない不正行為があったことが疑われるとして、監督官庁から指摘を受けました。もし不正行為が認定され、行政処分がなされたり、メディアで報道されると上場もままならなくなり、また大口の取引先から取引停止を通告されるリスクもありました。

 

リーガルデザイン

私たちは、事実関係の実態解明のために弁護士、税理士ら法律専門家から成る第三者委員会の設置と早期の調査を助言し、監督官庁の調査に先立って自主調査を実施しました。そのうえで、不適正な内部手続を是正し、税務会計、法務、労務の各観点から再発防止のための具体的な施策を講じ、監督官庁にも報告しました。

結果、B社には監督官庁からお咎めはなく、メディアからの指摘もなく、事業にも影響は出ませんでした。

 

お役に立てたこと

初動の段階で、事実調査の時期、仕組み、人選から、公表プロセス、交渉プロセスまでをパッケージしたプロジェクトとして取組み、スピーディに実施したことで、行政処分を回避することができ、メディアで騒がれることも避けられました。

企業不祥事対応としては初動の出来がすべてだと思います。
B社は今回の件を機にマネジメント体制を刷新し、今では安定した経営体制下で事業を拡大しています。

 

post_pen

急激な業務拡大により悪化した企業収支を3ヶ月でV字回復させるとともに、ガバナンスを徹底させ、経営を安定させた事例【GSS】

 

課題の内容

ヘルスケア商品の化学検査等を主たる事業とするA社は独自の技術により長年安定した経営を行ってきました。

A社はさらなる事業拡大を図り、自称経営コンサルタントを招聘し、その助言に従って外部人員の大量登用や事業部門の多角化を短期間のうちに行いました。

ところが、思ったように売り上げは上がらず、反面、人件費をはじめとした経費は増加し、会社の収支は急激に悪化しました。経営コンサルタントによる不正会計問題も表面化したため、同人との経営指導契約を解除の上、私たちに相談がありました。

 

リーガルデザイン

私たちは、人員整理と過分の経費の削減を柱として3カ月で収支を黒字化するという明確な目標を定めました。そして社会保険労務士と税理士、弁護士らの専門チームを構成し、社長ら役員との役割分担と協働により予定通り3カ月での黒字化を実現することができました。

この3カ月の作業を通じて、私たちは、A社の経営危機の原因がガバナンスの安定性の欠如にあると考えました。そこで、その後もA社役員との慎重な協議を重ねた結果、風通しが良く合理的なガバナンスのシステムを構築することに成功しました。

1年が経ち、今ではA社は独り立ちして安定した黒字経営を継続しています。

 

お役に立てたこと

我が国の労働法理では従業員を解雇するには相当の時間と費用がかかるところ、今回は弁護士と社会保険労務士の協力により早期に大胆な人員整理を実現できました(労使紛争は起きませんでした)。また税理士の関与により労務と税務会計の協働もスムーズに行うことができました。

同族、非同族の役員間のコミュニケーションの支援や事業計画の策定などにリーガルデザイナーが公正な執事役で関与することで安定的な経営体制の構築という課題の本質を解消することができました。